借金返済ナビ

借金返済ナビ

総量規制について

不景気が続いている近年は、借金をしても返済に困る人が年を追うごとに増えているようです。

 

この問題に関しては、消費者金融会社からの借り入れに限定されているのではありません。

 

住宅ローンなどが含まれる公的ローンでさえ返済が滞ってしまうケースが多く見られます。

 

契約を締結した時の状況とは極端に悪い状況へと変化してしまい、返済計画が崩れてしまったのが理由です。

 

それから、数社に対し借金の返済をしている人も、「貸金業法」の改正を機に、余計に返済するのが難しいという事態に陥るようになっているのです。

 

平成22年の6月に新たに改正された貸金業法によって、「総量規制」という仕組みが取り入れられたことによります。

 

総量規制について、キャッシングで借り入れを受けられるのは、年収の3分の1までの範囲を基本としているようです。

 

今までキャッシングに頼って他の借金返済を支払っていた人にとっては、首を締め付けるような規制になったのです。

 

総量規制では、クレジットカードを使ったお買い物や、銀行のカードローン、自動車ローン、住宅ローンは対象から外されていますから、自分には無縁のことと思える部分があるかもしれません。

 

複数の業者に借金の返済をしなければいけない人は、これは関係性が少ない問題なのです。

 

現金を確保するためにキャッシングが使えなくなると、とたんに今までの返済が極めて厳しくなってしまうのです。

 

借り入れを利用するには、収入証明書の提出が求められることもあるので、仕事をしていない人は借り入れが行なえなくなりました。

 

生活資金の不足を埋める目的でキャッシングの力を借りてきた人などは、それが達成できなくなり、現金が手元に残らない状態に陥っています。

 

借金返済が不能になり、加えて新規での借り入れも困難になり、ヤミ金業者に頼むケースも増えているようです。

 

 


計画をきちんと立てよう

一つの金融機関単体では借金が少額でも、何件もの借金となると返済が困難になってくるものです。

 

住宅ローンや車のローンのいずれかだけでも負担は大きいですし、他にも教育ローンなどをプラスする必要のある人もたくさんいることでしょう。

 

借金をすることで商品やサービスの購入代金に充てる人もいますが、一体借金の返済額がいくらになっているのか、全く分かっていない人までいるのです。

 

ノンバンクの宣伝広告で「計画的に」と警告してくれていますが、計画を立てずに借金をすると、返済ができない事態を招いてしまいかねません。

 

計画性をもってカードローンを始めたとしても、少額のキャッシングやリボルビング払いでの利用を繰り返すと、多重債務を抱えることになってしまう恐れがあります。

 

借金を返済するための借金も、多重債務への第一歩になってしまいます。

 

借金返済が苦しくなってきたら、はじめに今抱えている借金の全額と、ひと月ごとの支払う返済金額を確かめてください。

 

インターネットのウェブ上で、返済のシミュレーションがすぐできますから、使ってみましょう。

 

これにより自分の収入では、どれくらいの返済金額が現実的なのかを充分に考え、返済の計画を改めて立て直しましょう。

 

何社もの借金返済を負っているという人は、金利に目を向けてみましょう。

 

金利が低いと毎月の返済金額が安くなりますので、低金利が売りの業者で借り換えが実現すれば、返済の状況が正常になるに違いありません。

 

金融機関からの借り入れが一箇所ではないという場合には、一つの金融機関にまとめることも良い方法です。

 

一方で借り換えが不可能になってしまうと、以前よりも返済が困難な状況に陥ってしまうこともあります。

 

それで、安易に行なうことなく調査を十分に済ませてから決定するか、あるいはその道のプロに相談してみましょう。

 

知りたかったアコムマスターカードについて37個の回答

アコムマスターカードについて分かりやすくまとまっているサイトがあったのでご紹介。

審査甘いアコムマスターカードこちら

物入りな時に最短即日カード発行が可能なのでお急ぎの場合は助かりますよね。
(http://www.quick-creditcard.com/)



ホーム RSS購読 サイトマップ