借金返済ナビ

借金返済ナビ

借金返済できない?効率的にお金を返すコツ

不景気が続いている近年は、借金をしても返済に困る人が年を追うごとに増えているようです。

 

この問題に関しては、消費者金融会社からの借り入れに限定されているのではありません。

 

住宅ローンなどが含まれる公的ローンでさえ返済が滞ってしまうケースが多く見られます。

 

契約を締結した時の状況とは極端に悪い状況へと変化してしまい、返済計画が崩れてしまったのが理由です。

 

それから、数社に対し借金の返済をしている人も、「貸金業法」の改正を機に、余計に返済するのが難しいという事態に陥るようになっているのです。

 

平成22年の6月に新たに改正された貸金業法によって、「総量規制」という仕組みが取り入れられたことによります。

 

総量規制について、キャッシングで借り入れを受けられるのは、年収の3分の1までの範囲を基本としているようです。

 

今までキャッシングに頼って他の借金返済を支払っていた人にとっては、首を締め付けるような規制になったのです。

 

総量規制では、クレジットカードを使ったお買い物や、銀行のカードローン、自動車ローン、住宅ローンは対象から外されていますから、自分には無縁のことと思える部分があるかもしれません。

 

複数の業者に借金の返済をしなければいけない人は、これは関係性が少ない問題なのです。

 

現金を確保するためにキャッシングが使えなくなると、とたんに今までの返済が極めて厳しくなってしまうのです。

 

借り入れを利用するには、収入証明書の提出が求められることもあるので、仕事をしていない人は借り入れが行なえなくなりました。

 

生活資金の不足を埋める目的でキャッシングの力を借りてきた人などは、それが達成できなくなり、現金が手元に残らない状態に陥っています。

 

借金返済が不能になり、加えて新規での借り入れも困難になり、ヤミ金業者に頼むケースも増えているようです。

 

 


借金返済計画をきちんと立てよう

一つの金融機関単体では借金が少額でも、何件もの借金となると返済が困難になってくるものです。

 

住宅ローンや車のローンのいずれかだけでも負担は大きいですし、他にも教育ローンなどをプラスする必要のある人もたくさんいることでしょう。

 

借金をすることで商品やサービスの購入代金に充てる人もいますが、一体借金の返済額がいくらになっているのか、全く分かっていない人までいるのです。

 

ノンバンクの宣伝広告で「計画的に」と警告してくれていますが、計画を立てずに借金をすると、返済ができない事態を招いてしまいかねません。

 

計画性をもってカードローンを始めたとしても、少額のキャッシングやリボルビング払いでの利用を繰り返すと、多重債務を抱えることになってしまう恐れがあります。

 

借金を返済するための借金も、多重債務への第一歩になってしまいます。

 

借金返済が苦しくなってきたら、はじめに今抱えている借金の全額と、ひと月ごとの支払う返済金額を確かめてください。

 

インターネットのウェブ上で、返済のシミュレーションがすぐできますから、使ってみましょう。

 

これにより自分の収入では、どれくらいの返済金額が現実的なのかを充分に考え、返済の計画を改めて立て直しましょう。

 

何社もの借金返済を負っているという人は、金利に目を向けてみましょう。

 

金利が低いと毎月の返済金額が安くなりますので、低金利が売りの業者で借り換えが実現すれば、返済の状況が正常になるに違いありません。

 

金融機関からの借り入れが一箇所ではないという場合には、一つの金融機関にまとめることも良い方法です。

 

一方で借り換えが不可能になってしまうと、以前よりも返済が困難な状況に陥ってしまうこともあります。

 

それで、安易に行なうことなく調査を十分に済ませてから決定するか、あるいはその道のプロに相談してみましょう。

 

キャッシングでお金を借りるメリットとデメリット

何歳になってからキャッシングが使えるのか答えられる人は少ないかもしれません。

調べてみると、成人を過ぎたら使えるようになります。

そのため、成人していない場合はお金を借りることができません。

それに、クレジットカードにオプションで付いているアコムやプロミス等のキャッシング枠の利用も、未成年は利用できないと表記されているはずです。

アコムやプロミス等のキャッシング枠のついていないクレジットカードであれば、18歳以上であれば未成年であっても発行してもらえるのですが、キャッシング枠は20歳を超えて初めて設定できます。

現在、カードローンを組んでいます。

それも二つのアコム等の消費者金融においてです。

それぞれ十万と二十万の、計三十万円です。

合わせて二万円を毎月の返済に充てているのが現状です。

けれども、どちらも最大利子で借り入れているので、利子を含めた返済額が減らない為、完済の予定が立ちません。

計画を見直し、別の消費者金融で借り換えようと思ったのですが、審査を通ることが出来ずに、諦めています。

大した額ではないのですが、初めての三菱UFJ銀行などの銀行カードローンで今は後悔しています。

多々ある金融機関の中でどこを利用するかでその時々で借りられる限度額に違いがあり、緊急の即日融資や小口融資だけにとどまらず、たとえば500万円にもなる大口の融資であっても限度額内なら受けられる仕組みになっています。

速やかに融資にまでたどり着くことができて必要な額のお金がすぐに手に入れられるので、多くの人がたいへん便利に活用されています。

キャッシングサービスの利用にはカードを使うというのが一般的なやり方と言えるでしょう。

アコムやプロミス等のキャッシングするには、勤務先及び勤続年数の申告を求められます。

借りる人の返済能力の有る無しを判断するためです。

その後、勤務先あてに在籍を確認する為の電話等が来ます。

職場への電話等には抵抗感を持つ人もいると思われますが、現在ではアコム等の消費者金融だと周囲に知られないような配慮もしてくれるはずです。

近頃、銀行で借金をする人が、多くなっています。

銀行での借金は、低金利で返済時の負担が軽減されます。

さらに最高借入限度額が高いので、汎用性があって利便性がものすごく高いのです。

借入総額が年収の制限を受けないので制度上でも簡単に借入れられるようになっています。

小額のキャッシングでも一括返済を受けつけている金融機関であれば、中には利息がかからずに借りられる期間を設けているところもあるので、利用すると良いでしょう。

参考:通りやすいカードローンはどれ?審査申込みのコツ【すぐ借りれる?】

借りた分を金利なしで利用できる期間に一括返済してしまえば、無利息で借りられることになり、急用があった場合やすぐにお金が欲しい場合に大変便利です。

全額を一括返済出来ない場合でも、このような金利や手数料がかからずに利用できるところを探す方が、お金を借りる場合に有利になることもあるので是非、検討してみて下さいね。

借金の返済の仕方は非常にたくさんあり、提携のATMを利用したり、ネットバンクを使用して返済するというやり方も使うことができます。

口座振替がもっとも安心で、この方法なら返済を忘れることはないでしょう。

どんな方法を利用するかは選択できます。

アコムやプロミス等のキャッシングを考えるのは我慢できないときなので、身近なキャッシング会社を利用しがちです。

そのあとで、金利の低い他社に気付くと後悔してしまいます。

利用前に利息を計算して、いくつかの会社を比較した上でお得になるように利用しましょう。

新規で三菱UFJ銀行などの銀行カードローンの申込を行うと、審査の過程で在籍確認といって職場に勤務している実態があるかどうか、確認の電話をかけてくる場合があります。

すべての人にかけるわけでなく、かかってこないこともあります。

しかし、社内に知れるのではと思うと気まずいし、それでいて言い訳するのも気がひけます。

ただ、こうした在籍確認の電話を回避して審査が完了する方法もあります。

大手ほどしっかり対応してくれるようで、在籍確認が心配である(不安である)と伝えるとそれ以外の方法(提出書類を増やす)で済ませてくれることがあります。

オペレーターが疑問に答えてくれるので、電話で確認するといいでしょう。

さしたる手間もなしに借りれるところがニーズに適しているのでしょうが、少しでも支払いに遅れがあったら、遅れた期間の日数分に対して遅延損害金といわれる金銭の支払いが生じます。

最大年利20パーセントの延滞金を払わないといけないということです。

その上、遅滞するとそこにも一日単位で金利が発生するため、長い延滞になればなるほど、多額の金銭を支払うことになってしまいます。

万が一、延滞してしまったときは早めの支払いを心がけた方がいいです。

アコムやプロミス等のキャッシングの返済方法を考えることにあたって支払金とは別に繰り上げて返済を行う。

という事は今、借入している全体の返済額を多少なりとも減額することと長期と予想された返済期間を短くすることに抜群の効果があり、後々自分にメリットが大きいです。

どうしてか?というと、繰り上げ返済したすべての額が元本の返済に用いられ、借入金額事体が減らされるからです。

けれども、繰り上げ返済が実行できない気の毒なシステムになっている珍しいケースもあり得ます。

正確には、銀行三菱UFJ銀行などの銀行カードローンを使用するときは、そこの銀行口座を持っていなくてはいけませんが、いくらかは、銀行に口座を持っていなくても利用できることがあります。

その銀行には無人契約機が消費者金融と同じく設けられていて、カードの作成も行えます。

作成したカードで現金の引き出しがATMで行えるため、口座がなくてもカードローンが使えます。

毎月の返済日にきちんと返済を続けて、返済実績を積み上げておくと、業者側から、追加融資枠を増やせると案内される可能性が高いです。

もちろん、返済が滞ったケースや、以前の借入から時間が経っていないのに、何度も借入を繰り返したことがある場合、限度額の増額は諦めてください。

これらは、信用度が落ちる行為だからです。

追加融資ができるのか、その額はどれくらいなのかといった疑問は、業者に問い合わせれば丁寧に答えてくれるでしょう。

しかし、仮に断られたとしたら、そこで諦めましょう。

間違っても、繰り返し電話して増額申請したりすると、場合によっては契約解除され、ブラックリストに名前が載ってしまうでしょう。

アコムから借り入れをする場合、初めて利用されるお客様には特別な特典があり、申し込みをした日から最長で30日間は、利息がかからないのです。

更にご自宅に居ながらでもスマートフォンを使えば、気軽に申し込み可能で、「アコムナビ」というアプリをダウンロードしてお使い頂ければ、簡単に書類提出も出来ますし、GPS機能搭載なのでその場から最も近いATMを探してくれます。

また、返済プランをたてることも出来るので計画的に借りられるので初めての方でも安心です。

人気の理由といえるでしょう。

キャッシング申請できるのです。

家に居ながらでも「WEB完結」で申込みをすれば、ネット上で手続きできるので

関連リンク

借金返済ナビ
借金返済に関してのアドバイスと注意点について
自己破産とは?
借金返済に関してのアドバイスと注意点について
法的な整理手続き方法について
借金返済に関してのアドバイスと注意点について
ファイナンシャルプランナー・司法書士に相談しよう
借金返済に関してのアドバイスと注意点について
借金総額を把握しよう
借金返済に関してのアドバイスと注意点について
借金返済する時注意すること
借金返済に関してのアドバイスと注意点について
過払金とは?
借金返済に関してのアドバイスと注意点について
ソフトヤミ金とは?
借金返済に関してのアドバイスと注意点について
どこに相談すればいいか?
借金返済に関してのアドバイスと注意点について
借金返済ナビ|サイトマップ
借金返済に関してのアドバイスと注意点について


ホーム RSS購読 サイトマップ