借金返済ナビ

法的な整理手続き方法について

法的な整理手続き方法について

借金返済が難しいとき、法的な整理手続きに頼るより、きちんと完済しておきたいものです。

 

法的手続きを進める前に、金利の低い契約を探して借り換えを目指したり、複数契約の一本化を考えます。

 

こうした方法が取れないのなら、他に選べる方法としては自己破産・特定調停・任意整理などがあります。

 

任意整理とは、借金返済が難しいことを貸金業者に訴え、利率の引き下げができないかお願いしていくことです。

 

高利率の借金を抱えている場合には、とても効果的な手段といえるでしょう。

 

しかし、個人レベルで貸金業者と交渉するため、うまくいかないこともあります。

 

任意整理を活用しての借金返済が難しいなら、特定調停の活用を検討することになります。

 

特定調停についてですが、これは両者の話し合いに裁判所が介入することで、返済の手段や利息の内容を調整します。

 

どちらの場合においても、契約条件の見直し・変更により、可能な範囲での返済を目指すことになります。

 

こういった方法によっても借金の返済が厳しいならば、自己破産による解決を目指すことになります。

 

自己破産は借金の返済を免れることが可能ですが、大きな代償を背負っていかなければならないため、容易に選ぶべき方法ではありません。

 

貸金業者との交渉に関しては、弁護士をはじめとする法律家に頼るのが妥当でしょう。

 

出資法に違反した際の罰則が厳しくなったので、表沙汰になることを恐れているからです。

 

自分一人では片付かないトラブルも、法律家の話を聞いてみるだけで、借金の返済問題が解決するケースも少なくないのです。

 

各市町村の相談窓口や法テラスに相談してみましょう。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ