借金返済ナビ

借金総額を把握しよう

借金総額を把握しよう

借金の返済を継続するのは、口で言うほど簡単ではありません。

 

慣れないうちは計画を立てて借金もできるのでしょうが、どんどん大きくなってしまうと、どんどん計画が崩れていってしまうのです。

 

計画性を維持したまま借金返済を継続するために求められるのは、借金をきちんとした数字で把握しておくという点です。

 

新たな借金の契約をする度に、これまでの借金が幾らなのかをもう一度確かめておきましょう。

 

この「借金総額」は、元金のことではなく、支払いが終わるまでの利息を込めた総額を言います。

 

利息を考えるかどうかでは、数字は全く違うのです。

 

借金返済ができるかどうかを判断する時には、利息分を計算に含めて支払い総額を算出するのが良いでしょう。

 

一方、借金返済の危険ラインと言われるのは、どこにあるのでしょう。

 

借金の総額が20%に近づいてしまうと、返済が非常に辛くなることでしょう。

 

このタイミングでは、自分の借金についてきっちりと確認しておく必要があるでしょう。

 

20%が危険ラインなのです。

 

借金返済が無理だと思い始めてから検討することは、遅いといえます。

 

借金総額が年収の10%を超えるころには、気を付け始める時期にきていると捉えましょう。

 

ストレスを抱える前に、借金を整理するための行動に出ましょう。

 

ある日になって急に返済できない状況に陥るのではなく、少しの苦しさが積もり積もっていくものです。

 

自転車操業に陥っているのであれば、破綻は目の前だと理解しましょう。

 

借金整理のメリットは、現実を直視できることと、過払い金が明らかになれば、厳しい返済を続けずに済むかもしれないということです。

 

金利が高い借金を抱えている人であれば、その期待が大きくなります。

 

返すだけが全てではありませんので、色々な方法を模索しましょう。

 

個人事業主おまとめローン審査厳しい


借金総額を把握しよう関連ページ

ソフトヤミ金とは?
借金返済する時注意すること

ホーム RSS購読 サイトマップ